適正化は施術内容から

“柔整師照会”のねらい

当機構は“患者照会”とは別に“柔整師照会”による
柔整施術の内容調査から療養費の適正化を求めています
柔整師(施術者)照会は疑惑申請の減少に作用します

SERVICE

サービス

SEMINAR

セミナー・講習会

不可解な申請書の見分け方・療養費の活用法が分かる勉強会を各地で開催

2021.2.10公開

『柔道整復療養費の問題点についての所感』

講師:本多清二

「療養の給付」と「療養費」とは何かを法令を引用して解説し、また柔整療養費の問題点を柔整師照会により培った知識と経験から保険者の責任者に向けてお話しする、当財団顧問弁護士による講話です。

詳細を見る

2021.2.10公開

『療養費支給申請書の見分け方(問題のある申請書はこれだ)』

講師:澤田成弘

何となく問題がありそうに感じていてもいざ選ぶとなると抽出するのが難しい…そんな柔整療養費支給申請書の見分け方のポイントを、分かり易く広く解説した基本編となる実務者向け講習です。

2021.2.10公開

『スポーツに於いて繰り返し怪我をする場合について』

講師:澤田成弘

スポーツで怪我をして接骨院に通うのは当たり前のことですが、患者さんが安静にせず、怪我が治る前に柔整師の指導を聞かずスポーツを再開した場合の問題点を実務者向けに説明します。

2021.2.10公開

『長期施術・頻回施術について』

講師:澤田成弘

問題のある療養費支給申請書の中に、長期施術・頻回施術と呼ばれるものがありますが、なぜそれらが問題のある施術なのでしょう?それぞれの定義や問題となる理由について実務者向けに説明します。

更に探す

NEWS

お知らせ