成功報酬型の代行サービス

求償代行業務

複雑化し易い医科の第三者加害行為求償を成功報酬型で受託
被害者及び関係各所の窓口となり
スムーズな回収体制を実現

CASE STUDY

活用事例

求償にかかる保険者の業務負荷を大幅に軽減

求償代行の活用

交通事故以外のトラブルにも対応

医科の診療を中心とした治療費請求事案の窓口として、保険者に代わり求償権の行使を行います。交通事故に限らず施設賠償やスポーツ賠償など幅広い分野でご依頼を受付けます。長期化・複雑化・高額化する案件は、求償の専門家にご相談ください。

求償代行のポイント

事案に応じた適切なアプローチ

通常は解決に時間がかかる又は対処が難しい案件でも、当財団ではそれらの事案に精通した担当弁護士のサポート体制のもと、求償担当者が業務を行います。事案に応じてきめ細かく対応することで、スムーズな回収体制が実現しています。

FLOW CHART

業務の流れ

求償代行業務フローチャート
  1. 相談・第三者加害行為性の調査
    求償代行業務についてのご要望をお聞きします。必要書類や情報をご提出いただき、第三者加害行為による負傷にかかる診療か否かを調査し、意見書にて提出します。これを元に保険者に、求償権の行使についてご判断いただきます。
  2. 照会と求償準備
    被保険者から第三者加害行為届出書、同意書等必要書類を提出いただきます。照会先を特定し、連絡書、照会書等により状況を確認します。
  3. 求償権の行使
    適切な求償権行使時期、求償範囲をご提案し、保険者と協議の上加害者側に医療保険金を請求します。
  4. 報告書提出
    加害者側から医療保険金を受取ります。回収額から成功報酬及び事務手数料を差し引いた送金額を精算書でお知らせし、保険者に速やかに送金します。ご報告及び書類一式を納品します。

ACHIEVEMENT

業務実績

ケースⅠ

治療が長期にわたる場合の一部請求

  • 主な負傷の治療状況を医療機関や被害者(代理人)に照会し、一部請求の範囲やタイミングを保険者と協議の上求償権を行使、早期回収を実現
  • 被害者(代理人)、加害者(損保)間で損害賠償等の交渉が長期化する中でも、継続して状況を把握し、主な後続治療費も回収
  • また、事故との相当因果関係や自由診療等への被害者・加害者の見解を元に、一部回収不能分を調査・特定し保険者に報告、保険者の判断により業務を終了

ケースⅡ

施設賠償責任保険への対応

  • 施設で介護職員による入居者介助時の、不慮の事故により発生した求償に対応
  • 施設に迅速なコンタクトを取り、施設賠償責任保険の損保会社へ早期に照会を実施
  • 損保会社の見解を確認し求償範囲やタイミングを交渉し、立替医療費の計算、請求書発行から全額回収までを短期間で実現(3ヵ月以内に回収したケースあり)

FAQ

よくあるご質問

Q.柔整療養費支給申請書の求償だけが対象ですか?
A.いいえ。柔整療養費支給申請書ではなく、主に医科の診療報酬明細書を対象としています。保険者様からのニーズにお応えして、求償権行使の代行業務を2019年度より開始しました。
Q.求償業務の途中で、回収できずに困っている案件をお願いできますか?
A.はい。求償権行使の最初からでも、案件の途中から引き継いでお引き受けすることも可能です。詳しくはお問合せ下さい。
Q.治療が長引いて、求償を開始することができません。どうしたらよいでしょう?
A.必ずしも治療が終了するのを待たずに、状況に応じて一部請求を開始して早期回収することも可能です。担当弁護士のサポート体制の下、より良いタイミングについて保険者様と協議させていただきます。

更に探す